未成年者のクレジットカードの発行に関して

未成年者のクレジットカードの申込みでは、即日発行かどうかに関係なく保護者の同意が必ず必要になります。
未成年者の法律行為に一定の制約があることは事実ですが、カードの利用ができないわけではありません。
未成年者が受ける制約について、ここでしっかりして確認して正しい申込みをしましょう!。

クレジットカードに申込める年齢について

クレジットカード,即日発行,未成年

 

クレジットカードの申込条件とは?

クレジットカードに申込むためには、カード会社が定める「申込条件」をすべて満たしている必要があります。
申込条件は、クレジットカード会社ごとに独自の基準で決められています。

 

中には未成年者の申込みは不可となっているものもあります。
未成年者クレジットカードを作るには申込条件を満たしているサービスを選ぶ必要があります。

 

一般的なクレジットカードの年齢条件について

一般的なクレジットカードの年齢条件は、以下のいずれかです。

  • 20歳以上
  • 18歳以上(ただし、高校生は不可)

20歳以上の成年者なら年齢は問題なく申し込めます。
20歳未満の未成年者は、必ず年齢条件を確認する必要があります。

 

とくに、18歳以上でも「高校生」の場合は利用できるクレジットカードが非常に少ないので、注意するようにしてください。

 

その他のクレジットカードの申込条件について

クレジットカードの申込条件は、年齢だけではありません。
年齢以外にも、収入や居住地などの条件が設けられている場合があります。

 

カード会社の定める申込条件をひとつひとつ確認するのは大変ですが
クレジットカードの申込み前に一度、条件を確認しておくことをおすすめします。

 

未成年がクレジットカードを作る際の審査について

クレジットカード,即日発行,未成年

未成年者の法律行為について

未成年者の法律行為は、「民法」で細かい規定があります。
民法では、未成年者クレジットカードの申込みのような「法律行為」をする場合は、法定代理人の同意を得なければならないとしています。

 

法定代理人というのは、親権者、つまり親のことです。
親の同意を得ずにした法律行為については、後日、取り消すことができる決まりとなっています。

 

つまり、未成年者クレジットカードの申込みをした場合、親権者の同意がなければ
後になって「やっぱりやめます」ということができるということです。

 

クレジットカード利用後に取り消しをされてしまうと、クレジットカード会社や加盟店に損害が及んでしまいます。
このようなことから、未成年者クレジットカードに申込む場合は、保護者の同意が必要となっていることが多くなります。

 

未成年者のクレジットカード審査では親権者の同意が必要

未成年者クレジットカードの審査では、親権者(親)の同意が必要になります。
親に内緒(秘密)にして申込みたい人もいるかもしれませんが、同意なしでの利用が認められることはありません。

 

インターネット申込みの場合の親権者の同意は、電話連絡によって確認しています。
クレジットカードの申込み後に親に連絡が入りますので、事前にカードの申込みのことを伝えておくのがおすすめです。

 

その他の未成年者の制限について

未成年者は、保護者の同意を得ることでクレジットカードに申し込めます。
ただしキャッシングについては、保護者の同意があっても利用できないケースが多くなります。

 

18歳以上の未成年者にもキャッシングを利用させている会社もあります。
しかし利用できないケースが多いのは、それなりにリスクが大きいからです。

 

返済できないほどにお金を借りてしまったりすると、後になって困るのは、あなた自身です。
そのような事態を避けるため、多くのクレジットカード会社は、未成年者に対してはショッピング枠だけを設定しています。

 

高校生でもデビットカードなら作れる!

クレジットカード,即日発行,未成年

高校生でもデビットカードならつくれます!

高校生は、クレジットカードの利用が難しいですが、デビットカードなら作れます
デビットカードは、銀行の口座残高を上限に、クレジットカードのような決済ができるカードです。

 

基本的には、デビットカードで決済するごとに決済代金が口座から引き落としされます。
高校生でも利用できるデビットカードがありますので、高校卒業までは、デビットカードでやり繰りするのがおすすめになります。

 

未成年でも社会人ならクレジットカードは作れる?

クレジットカード,即日発行,未成年

社会人の未成年者は「大人」の扱い?

未成年者でも社会人として働いている場合は、大人の扱いがされる、と思うかもしれません。
しかし、社会人として働いていたとしても、基本的には、クレジットカードの申込みに親権者の同意が必要になります。

 

民法では、未成年者を成年者とみなす制度(成年擬制)があります。
しかし次の場合に限定されています。

  • 未成年者で結婚をした場合
  • 起業をした場合

 

年収が多いのは審査で有利に!

社会人の未成年者(18歳以上)がクレジットカードの審査を受けた場合は、収入が多い点で有利になります。
専門学校や大学生と比較すると、毎月の収入は、社会人のほうが多くなるからです。

 

未成年者ということで、クレジットカードの申込みに一定の制限があるのは事実です。
しかしクレジットカードが利用できないわけではありません。

 

デビットカードも含めて自分に合ったサービスを選び、その申込みを親権者(親)に相談してみてはいかがでしょうか。

 

>>最速で作成できるクレジットカード特集はこちらから!<<