学生がお得になる海外や奨学金・キャッシングのクレジットカード利用方法

学生のためのクレジットカードの有効的な活用方法について解説しています。
学生でも海外ではクレジットカードを持っていた方が良いい理由、学生の奨学金と審査の関係、学生でも使えるキャッシング枠の知識について解説していますので参考にして下さい。

学生も海外ではクレジットカードは必須

クレジットカード,即日発行,学生

 

学生でも海外に行くならクレジットカードを作ろう!

海外旅行や留学で外国に行く場合は、学生でもクレジットカードを作るのがおすすめです。
クレジットカードなしで海外に行くことも可能です。

 

しかし不便を感じたり、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。
海外クレジットカードが必要な理由について確認し、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

 

海外でクレジットカードが必要な理由とは?

海外でクレジットカードが必要になるのは、次のような理由があります。

  1. 現金を持ち歩くリスクが大きいこと
  2. 両替に手間や手数料がかかること
  3. クレジットカードが身分証になること
  4. クレジットカードのサポートデスクが利用できること

訪問する国にもよりますが、一般に現金を持ち歩くリスクは、日本よりも海外のほうが大きくなります。
バッグや財布ごと盗難の被害に遭ってしまうと、現地で現金を引き出したり、両替することすらできなくなります。

 

また、日本円から現地通貨の両替には、一定の手数料がかかります。
手数料は、大きな負担にならないかもしれませんが、手間や時間がかかり両替所がなくて困ることも多くあります。

 

クレジットカードを持っていれば、それが身分証明として使えます。
日本の場合は、運転免許証やパスポートが一般的です。

 

しかし海外では、クレジットカードをもっていることが、身分と支払い能力があることの証明になると考えられています。
さらに、海外で万一のトラブルに巻き込まれたときは、クレジットカード会社のサポートデスクに相談できます。

 

現地でのトラブルの対処などはもちろん、ホテルやレストランの予約などもしてくれることがあります。
海外旅行の保険付きのクレジットカードなら、トラブル発生時の損害も補償してくれます。

 

学生かどうかに関係なく、海外旅行に行くなら最低一枚は、クレジットカードをもっていくようにしましょう。

 

奨学金はクレジットカード審査に影響するか

クレジットカード,即日発行,学生

 

奨学金がクレジットカード審査に影響することも!

奨学金の利用がクレジットカード審査に影響することがあります。
クレジットカードの申込みでは、別会社のローンの件数や残高を入力します。

 

この欄に奨学金を記載しなければならない場合があるということです。
クレジットカード審査で大きなマイナスポイントになるとは考えにくいです。

 

しかし少なからず影響することがあるという点は、理解しておいた方がいいでしょう。

 

無担保借入に該当するかどうかがポイント!

クレジットカードの審査に学生奨学金が影響するかどうかは、
利用している奨学金が「無担保借入」に該当するかどうかで判断します。

 

日本政策金融公庫が提供している「国の教育ローン(教育一般貸付)」は、無担保借入には該当しません。
しかし貸金業者(クレジットカード会社、信販会社など)が提供する「学資ローン」や「カードローン」は、無担保借入になり、審査に影響をおよぼします。

 

とくに、クレジットカードに「キャッシング枠」を付けたいときは、教育ローンの影響が大きくなりますので
慎重に希望額を決めるようにしましょう。

 

不明な点は担当者に相談しよう!

奨学金のことで不明な点がある場合は、クレジットカード会社のオペレーターに相談できます。
通常は、相談のためのフリーダイヤルが用意されています。

 

そこで、奨学金について聞いてみるのがおすすめです。
奨学金以外のことでも、クレジットカードの申込みなら何でも教えてくれます。

 

心配な点は、遠慮せずに相談してみてはいかがでしょうか。

 

学生でもキャッシング枠は使える?

クレジットカード,即日発行,学生

学生でもキャッシング枠は使えます!

 

学生がキャッシング枠を利用できるかは、クレジットカード会社の「利用条件」によります。
一般的には、20歳未満の未成年者の学生は、キャッシング枠の利用が制限されています。

 

すべてのクレジットカード会社が「未成年者は不可能」というわけではありませんので
事前に利用条件を確認してから申込むようにしてください。

 

キャッシング枠利用の注意点について

学生がキャッシング枠を利用するためには、「アルバイトの収入があること」が前提となります。
クレジットカード会社は、貸金業法という法律に基づいてサービスを提供しています。

 

この法律に年収とキャッシング枠の関係について定められています。
具体的には、「総量規制」というもので、キャッシング枠が年収の3分の1超となってはいけないというルールです。

 

たとえば、毎月10万円のアルバイト収入がある学生は、年収が120万円になります。
この場合はキャッシング枠の上限が40万円までに制限されているということです。

 

つまり、キャッシング枠の限度額を希望する場合は、必ず年収の3分の1以下にしなければいけません。
年収の3分の1超の枠を希望しても認められることはありませんので注意しましょう。

 

>>最速で作成できるクレジットカード特集はこちらから!<<