クレジットカードの即日発行|店頭受け取りと支払いとは

MENU

即日発行のクレジットカード|店頭受け取り・支払いについて

クレジットカードを即日発行できるのは店頭受け取りのみ

 

クレジットカード即日発行を希望する場合は、カードの「店頭受け取り」を前提に手続を進めます。
クレジットカード店頭受け取り以外の方法では、即日発行ができません。

 

手続きを間違えないように注意してください。

 

クレジットカードの店頭受け取りとは?

 

クレジットカード即日発行のための「店頭受け取り」というのは、「来店してクレジットカードを受け取りに行く」という意味です。

 

基本的なカードの受取り方法は、以下の2つです。

 

  • 郵送
  • 店頭受け取り

 

郵送だと当日中に受取るのは困難です。
必然的に店頭受け取りが必要になるというわけです。

 

クレジットカード店頭受け取りのメリットについて

 

店頭受け取りのメリットは、やはり即日のカード発行が可能になることです。
ETCカードを利用したい、海外旅行に行くなどの理由がある場合は、「どうしても今日中にカードが必要」という状況になります。

 

店頭受け取りなら即日発行も不可能ではありません。

 

店頭受け取りのデメリットとは?

 

店頭受け取りのデメリットは、必ずしも自宅近くに「受け取れる店舗」があるわけではないことです。
通常はクレジットカードでは、デパートやスーパーの窓口を利用しなければなりません。

 

営業時間も限られていますし、必ずしも自宅近くに店舗があるわけではありません。
しかしACマスターカードのように、全国各地に自動契約機(むじんくん)がある場合もあります。

 

よく確認してから申し込まないといけないのが店頭受け取りのデメリットになります。

 

店頭でクレジットカードを発行・申し込むメリット・デメリットとは

 

クレジットカードの店頭申込・発行について

 

クレジットカード店頭申込みは、インターネットではなく、カード会社が指定する店舗で申込みをすることです。
スーパーやデパートなどに窓口が用意されていることがあります。

 

そのようなところで申込手続をするのがクレジットカード店頭申込みです。

 

店頭申込・発行のメリットとは?

 

店頭申込みや発行のメリットは、担当スタッフに相談しながら申込みが進められることです。
クレジットカードの審査項目の記入のしかたが分からない時でも、その場でアドバイスを受けながら手続きできます。

 

また、頭受け取りができる窓口の場合なら、審査結果を待って、当日中にクレジットカードを受取ることも可能です。
審査結果を待つ時間が気になるかもしれませんが、クレジットカードの申込みが初めてなら、安心して手続きできます。

 

店頭申込・発行のデメリットとは?

 

店頭申込み・発行のデメリットは、以下のの2点です。

 

  • その場で審査結果を待たなければならない
  • 審査に落ちたときが恥ずかしい

 

店頭申込みを受付ているクレジットカードでは、審査は、早くても最短即日です。
午前中に申込みをして、結果が夕方になることもあります。

 

翌日以降になることも珍しくありません。
即日発行を期待して、その場で待機していても当日中のカード発行ができないことがあるのが大きなデメリットになります。

 

また、クレジットカードの審査にとおればいいですが、審査落ちとなったときは
結果を担当者から直接、伝えられます。

 

このときに恥ずかしい思いをしてしまうのも、店頭申込みのデメリットではないでしょうか。

 

店頭支払いができるクレジットカードの特徴とは

 

クレジットカードの店頭支払いとは?

 

クレジットカード店頭支払いは、毎月のカードの利用料金を「店頭窓口で支払う」ことです。
コンビニやスーパーに設置されている端末を操作して、料金を現金で支払うのが、この方法になります。

 

店頭支払いのメリットについて

 

店頭支払いでクレジットカード代金を支払うメリットは、次のの2つです。

 

  • 自分の好きなタイミングで支払えること
  • 銀行の預金残高を気にしないで済むこと

 

まず、現金商売をしている自営業者などは、1ヶ月のうち、どのタイミングでお金があるか分からないことがあります。
そのような場合でも、クレジットカード店頭支払いを選ぶことで、自分の生活に合わせて返済できるようになります。

 

同様に、普段、銀行に預金残高を残していない方は、口座振替ができないことが気になります。
預金残高が少なく、現金が多い場合は、店頭支払いを選択することで、口座振替の不能による延滞を防止できます。

 

店頭支払いのデメリットとは?

 

店頭支払いのデメリットは、手間がかかることと、入金の期限を覚えておかなければならないことです。
毎月1回、コンビニやスーパーで入金するのは、何かのついでがなければ面倒に感じます。

 

さらに、つねにクレジットカードの入金日を覚えておかなければなりませんので、煩わしさを感じるかもしれません。
店頭支払いは、誰にでも向いているわけではありません。

 

自分の生活や性格に合っているかどうかを考えて、選ぶようにしてください。