即日発行のクレジットカードの審査とは?

MENU

即日発行のクレジットカードの審査の内容とは?

即日発行できるクレジットカードの審査(スコアリング)の基本

 

クレジットカード審査のスコアリングとは?

 

クレジットカードの申込みをすると、即日発行かどうかに関係なく審査が行われます。
このときの審査では、スコアリングという手法で評価されます。

 

年齢や勤務年数、年収などについての情報を点数化(数値化)して行われます。
スコアリングによる点数の合計が多いほど審査で有利になり(限度額が多い)ます。

 

一定未満の点数では、クレジットカードの申込みが棄却されることもあります。

 

スコアリングの項目について

 

スコアリングによって評価される項目は、基本的には、クレジットカードの申込み時に入力する項目のすべてです。
  • 年齢や勤務年数
  • 年収
  • 住居形態
  • 既婚・未婚
  • 別会社のローンの借入残高・件数

 

一般にスコアリングにおいて、どの項目が重視されているかは、クレジットカード会社ごとに異なります。
また、基準が公表されることはありません。

 

即日発行審査に不安になるかもしれませんが、この部分は、どうにもならない部分です。
即日審査のため結果はすぐわかりますので気にせず審査に臨むようにしてください。

 

審査項目のウソの申告はどうなる?

 

スコアリングの評価を良くしようと考え、審査項目でウソの情報を入力するケースがあります。
勤続年数や年収について、実際よりも長く(多く)したり、他社借入件数や借入残高を少なく伝えたりします。

 

しかし、審査項目の多くは、ウソの申告をしても簡単にバレてしまいます。
つまらないウソで審査落ちになるのはもったいありません。

 

すべての項目について正直に伝えるようにしてください。

 

クレジットカードの審査に電話確認(在籍確認)は必須なのか?

 

クレジットカード審査の電話確認(在籍確認)とは?

 

クレジットカード審査では、電話による在籍確認が行われることがあります。
在籍確認が必須かどうかは、カードローン会社の考え方によります。

 

通常は、在籍確認が行われることが多くなります。
この手続きは、申込み時に審査項目の入力で伝えた「お勤め先の情報」が正確であることを確認するためのものです。

 

勤務先の名称や電話番号、住所などを確認し、間違いなく、その勤務先に在籍していることを確認します。

 

電話確認の具体的な方法について

 

在籍確認の手続きに不安になるかもしれませんが、とくに気にする必要はありません。
クレジットカード会社のオペレーターが勤務先に電話をかけ、本人を呼び出すだけの手続きです。

 

このときの電話で「そのような者は、在籍していません。」といわれれば、勤務先の情報に誤りがあり、
そうでなければ、勤務先の情報が正確であったと判断されます。

 

本人不在の場合の電話確認について

 

クレジットカード即日発行を希望していると、「今日は、仕事お休みだから・・・」ということもあると思います。
しかし、一般的なクレジットカード審査の在籍確認の手続きでは、本人が不在でも問題ありません。

 

クレジットカードの申込み意思の確認もありますが、これは、携帯電話に連絡すれば済むことです。
本人不在でも在籍確認(電話確認)が完了しますので、休日中の申込みでも即日発行が見込めます。

 

審査落ちする原因(スコアリング)とは?

 

信用情報機関に登録されているデータについて

 

クレジットカードの審査では、信用情報機関に登録されている「個人信用情報」が参照されます。
個人信用情報というのは、これまでの金融機関との取引における履歴情報のようなものです。

 

  • 延滞
  • 契約の見直し
  • 強制解約

 

過去の金融機関との取引において、以上のことがなければ、クレジットカード審査に悪影響を及ぼすことはないでしょう。

 

延滞中のローンがあると審査落ち?

 

信用情報機関のデータで問題となりやすいのは、過去の延滞です。
ローンの支払いが滞った、という情報が多ければやはり、クレジットカード審査での評価が厳しくなります。

 

なお、現在借りているローンの支払いで「延滞中」の場合は、クレジットカード審査に落ちる可能性が高いです。
より確実にクレジットカード即日発行を目指すなら、最低限、延滞中のローンを返済してから申込むようにしましょう。

 

過去の債務整理の履歴について

 

過去に債務整理の手続きをしたことがある方は、信用情報機関に履歴として残されていることがあります。
自己破産を除く任意整理や個人再生、特定調停などは5年間、自己破産は10年間が登録されている期間の目安です。

 

もし、信用情報機関に登録されているデータが気になる場合は、
自分の個人信用情報を確認してからクレジットカードに申込むことも可能です。

 

一定の手数料がかかりますが、過去の履歴が残っているかどうかを確認できますので、
気になる方は、開示請求をした上で審査を受けるようにしましょう。

 

過払い金の返還請求をしたことがあるなら?

 

クレジットカード会社に対して、過去に過払い金の返還請求をした方は、
返還請求をしていないカード会社のサービスを選ぶようにしてください。

 

過払い金の請求をしたからといって、必ず審査落ちになるわけではありません。
しかし悪い印象を持たれている可能性があるのは事実です。